特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

ホーム 出版物 》機関誌「イルシー」詳細
出版物のご案内

イルシー
「イルシー」No. 79 目次

さらなる食品の安全性の確保に向けて
寺田 雅昭
食品安全委員会の発足と食品安全のこれから
一色 賢司
シリーズ「ヘルスクレームの科学的根拠」 ―10―
牛乳由来の骨強化成分「MBP®」の機能
川上 浩
シリーズ「ニュートリゲノミクスの食品機能への応用」 ―6―
多因子疾患としてのアレルギー予防の展望
  ―遺伝・環境因子両面からのアプローチ
渡邉 映理
白川 太郎
ダイオキシン類の耐用摂取量の設定と安全性評価
広瀬 明彦
<食品の異臭>
1.食品安全研究部会での「食品の異臭」に関する取り組み概要
峯 孝則
2.トリクロロアニソール(TCA)による食品のカビ臭オフフレーバーと
  その防止策
但馬 良一
3.酸性飲料におけるオフフレーバー 〜グアイアコール〜
藤田 理英子
後藤 慶一
食品リスク研究準備委員会の活動報告
〜食品安全研究部会に5つ目の分科会設立を目指して〜
遠藤 光春
今ILSIでは
1.第4回アジア食品安全・栄養会議報告
後藤 慶一
2.「バイオテクノロジーを用いて開発された栄養食品
   ―アジアでの取り組み―」に関する シンポジウムとワークショップ
吉原 利一
Vahouny-ILSI Japan難消化性糖質国際シンポジウム(2004)
佐々木 一
ワークショップ報告
食品アミノ酸の適正摂取の評価に関する第3回ワークショップ
門脇 基二
フラッシュ・リポート
――鉄欠乏症撲滅活動のその後―研究室から現場へ―
会報
1.会員の異動
2.ILSI Japanの主な動き
3.ILSIカレンダー
4.発刊のお知らせ
5.ILSI Japan出版物
 
  購入申込み(会員)購入申込み(非会員)バックナンバー
 
「イルシー」は年間購読もお申し込みいただけます
年間購読について
 
PageTOPへ


 Back Number 

no.132
no.131
no.130
no.129
no.128
no.127
no.126
no.125
no.124
no.123
no.122
no.121
no.120
no.119
no.118
no.117
no.116
no.115
no.114
no.113
no.112
no.111
no.110
no.109
no.108
no.107
no.106
no.105
no.104
no.103
no.102
no.101
no.100
no.99
no.98
no.97
no.96
no.95
no.94
no.93
no.92
no.91
no.90
no.89
no.88
no.87
no.86
no.85
no.84
no.83
no.82
no.81
no.80
no.79
no.78
no.77
no.76



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved