特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

ホーム 》委員会・研究会・CHP 》食品安全研究会 》食品微生物研究部会
 研究部会 活動報告  
食品安全研究会 【食品微生物研究部会】
部会の目的
食品産業界が欲する食品に関する微生物(特に危害微生物)の科学的情報を広い視野をもって収集研究し、その結果をILSI Japanとして第三者に発信(出版・シンポジウム・講演会等)する。

これまでの主な活動
1.
  熱性好酸性菌(Alicyclobacillus)国際シンポジウム開催(2003年8月)
2.
  好熱性好酸性菌(Alicyclobacillus)成書発刊(建帛社2004年10月)
3.
  食品汚染微生物シンポジウム開催(2006年12月)
4.
  Alicyclobacillus(Thermophilic Acidophilic Bacilli)発刊
(Springer社2007年)

今後の活動予定
1.
  概要
     好熱性好酸性菌、リステリア、および食品汚染真菌(かび・かび毒)に関する活動を予定している。
2.
  具体的計画
   
(1)
「好熱性好酸性菌」英語版のメンテナンス
   
(2)
「リステリア」
  国立医薬品食品衛生研究所の五十君先生と協働し、下記事業を予定している。
リステリアに関する科学的情報をILSI Japanおよび国民(食品科学広報センターに協力依頼)に発信する。
リステリアに関する社内定量的モニタリング情報の整理
各社保有のリステリア菌株の整理
リステリアの高度精密測定法開発(公定法を目指して)への側面的協力
   
(3)
「食品汚染真菌(かび)およびかび毒」
 国立医薬品食品衛生研究所の小西先生(および東京農業大学客員教授 高鳥先生)と協働し、ハンドブック作成を予定している。
  目指すハンドブックは、QC の現場で出会った黴の名称が何で、どの論文の根拠により毒性が評価されているか、簡単に検索できるものである。 
PageTOPへ

(2007年6月)
 



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved