特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

ホーム 講演会 》講演会詳細

講演会のお知らせ

 

食品産業のグローバル展開
〜アジア地域の食品規格等に関する調査とデータベース〜
(平成26年度農林水産省食品産業グローバル展開インフラ整備委託事業)
報告会
終了しました

日 時:
2015年2月19日(木) 13:00−17:00
場 所:
都道府県会館 402号室 (東京都千代田平河町2-6-3)(地図
主 催:
特定非営利活動法人国際生命科学研究機構 (ILSI Japan)
参加費:
無料
通訳付き
申込方法:
下の申込書にご記入の上、E-mailまたはFaxにてお申し込み下さい。
申込期限:
2015年2月16日(月)
定員:
120名

 国内の食品市場が縮小する中、2009年に340兆円であった世界の食品市場は2020年には680兆円に拡大するとされており、我が国の農林水産業、食品産業の成長のためには、世界の食品市場を取り込んでいくことが必要と考えられます。一方、経済成長が著しく、有望な市場の一つと考えられるアジア諸国では、各国毎に農林水産物・食品に係る規格や規制が異なっており、食品産業の海外展開に支障が生じています。これらの状況を改善するためには、アジア諸国各国の食品等に係る法規、規格及び規制についてデータベース化し、検索可能な情報として一般に公開し、関係者に共有を図る必要があります。

  ILSI Japanでは、農林水産省平成26年度食品産業グローバル展開インフラ整備委託事業を受託し、アジア各国の食品規格等についての調査を実施致しました。これまで当機構において実施した平成21〜25年度農山漁村6次産業化対策事業(報告書の詳細につきましては、ILSI Japanのホームページ http://www.ilsijapan.org/ILSIJapan/COM/Com-W.phpをご参照ください)の調査内容と整合性のある形で取りまとめるとともに、収集した各種情報を検索可能な情報としてデータベース化することとなりました。

 本講演会は、同調査事業及びデータベースの紹介のためのものです。また、ご承知のようにASEANでは2015年を目途に食品規格・基準の統合を進めておりますので、この機会にその情報提供も含めて企画致しました。 以下にプログラム及びお申し込みの詳細を添付致しましたので、是非ご参加の程ご案内致します。



プログラム(案)
 
 
13:00-13:10 開会挨拶
ILSI Japan
13:10-13:30
食品産業グローバル展開インフラ整備委託事業(農林水産省食料産業局輸出促進グループ)について
農林水産省食料産業局輸出促進グループ
13:30-14:10
アジア地域の食品規格等に関する調査とデータベース(平成26年度農林水産省食品産業グローバル展開インフラ整備委託事業)
ILSI Japan 特別顧問 浜野弘昭
14:10-14:50
ASEANにおける食品添加物規格データベース(仮題、通訳有)
Mr. Keng Ngee Teoh, Senior Manager, Scientific Programs, ILSI Southeast Asia Region
14:50-15:10 休憩
15:10-15:50 ASEAN食品規格基準ハーモナイゼーションの進捗状況(仮題、通訳有)
Professor Dedi Fardiaz, Department of Food Science and Technology, Bogor Agricultural University
15:50-16:40
食品産業のグローバル展開(仮題)
日経BP社 特命編集委員 宮田 満
16:40-17:00
総合討論/まとめ

 

 


PageTOPへ



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved