特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ
 
トピックス

「健康な食事研究会」


毒性学教育講座 下巻

プロバイオティクス、 プレバイオティクスと腸内菌叢

最新栄養学[第 10 版]
運動・栄養プログラム TAKE 10!
リンク
サイトマップ
email:
webmaster@ilsijapan.org

TEL:
03-5215-3535

FAX:
03-5215-3537

住所:
102-0083
東京都千代田区麹町
3−5−19
にしかわビル5階
ホーム 講演会 》講演会詳細

国際会議のお知らせ (終了しました)

 
「農業分野におけるゲノム編集技術利用に関するワークショップ」

日 時:
2015年9月28日(月) 10:00〜17:40
場 所:
ベルサール八重洲
東京都中央区八重洲1-3-7
八重洲ファーストフィナンシャルビル2F(地図
主 催: 特定非営利活動法人国際生命科学研究機構 (ILSI Japan)
共 催: 筑波大学遺伝子実験センター「形質転換植物デザイン研究拠点」
日本学術振興会178委員会
日本学術振興会160委員会
同時通訳付き
定 員:
200名
参加費: 無料
懇親会: 17:45〜20:00(会費制:\3,000)
同ビルディング内
申込方法: 下の申込書にご記入の上、E-mailまたはFaxにてお申し込み下さい。
申込書PDFWord
申込期限: 2015年9月17日(木)17:00まで
(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 近年進展が著しいゲノム編集技術は、農業分野においても日本及び世界各国で研究、開発が進んでおります。また、技術の進展とあわせて、その規制上の扱いや社会的受容の形成にも大きな関心が集まっております。そこで、添付のとおり、9月28日に「農業分野におけるゲノム編集技術利用に関するワークショップ」を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。当該分野に関わる国内外の専門家をお招きし、各国の開発、規制、社会的受容に関する動向をご紹介いただきます。また、パネルディスカッションでは、ケーススタディーを踏まえた具体的な討論を予定しており、産官学のそれぞれの立場から、最新の情報提供と活発な意見交換がなされるものと期待しております。
 直前のご案内となり誠に申し訳ございませんが、万障お繰り合わせの上ご参加いただければ幸いです。



プログラム
10:00-10:10
Opening remarks
Ryuji Yamaguchi, Executive Director, ILSI Japan
10:10-10:40
Overview of genome editing and its benefits to society
Nobuhiro Tsutsumi, Professor, Laboratory of Plant Molecular Genetics, University of Tokyo
10:40-11:10
Application of genome editing in agricultural area
Hiroshi Ezura, Professor, University of Tsukuba Gene Research Center
11:10-11:40
Plant Breeding and Innovation: Importance to Private
Bernice Slutsky, Chair of Plant Breeding & Innovation Wording Group, International Seed Federation (ISF) and Senior Vice President Domestic & International Policy, American Seed Trade Association (ASTA)
11:40-14:30 Progress sharing; technological advancement, regulatory considerations and social acceptance
11:40-12:10 Tomio Suzuki, Director, Research Policy Planning Division, Biotechnology Safety office. Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Japan
12:10-13:00 Lunch Break
13:00-13:30 Martin Lema, Director of Biotechnology, Ministry of Agriculture, Livestock and Fisheries, Argentina
13:30-14:00 Michael Dornbusch, Assistant Secretary, Evaluation Branch, Office of the Gene Technology Regulator, Australia
14:00-14:30 Joachim Schiemann, Head of the Institute for Biosafety in Plant Biotechnology, Julius Kuhn-Institute, Federal Research Centre for Cultivated Plants, Germany
14:30-15:00 Sally McCammon, Science Advisor, Office of Deputy Administrator, Biotechnology Regulatory Services, APHIS, USDA

15:00-15:30 Coffee Break
15:30-17:30 Panel Discussion
Modulator: Ryo Ohsawa, Professor, Plant Breeding, Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
Panels: All speakers and Fumihiko Sato, Professor, Lab. Molecular& Cellular Biology of Totipotency, Dept. Plant Gene & Totiopotency, Graduate School of Biostudies, Kyoto University

17:30-17:40 Closing Remarks
Kenichi Hayashi, ILSI CERA
17:45-20:00 Reception

 


 

 


PageTOPへ



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved