特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

ホーム 講演会 》講演会詳細
ワークショップのお知らせ

ILSI Japan バイオテクノロジー研究会 ワークショップ

組換え微生物を用いて生産された高度精製添加物・食品の安全性評価
〜高度精製品の安全性審査の現状と在り方について〜


開催日時: 2022年12月2日(金)14:00〜17:30(予定)
場   所: ZOOMを用いたオンラインでの開催
開催方法: リモート会議
主   催: 特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)
バイオテクノロジー研究会
定   員: 先着順
人数制限を特段設けず。大多数の場合抽選の可能性あり
参 加 費: 一般企業・個人:2,000円
ILSI Japan会員企業メンバー:2,000円
国公立機関・大学・学校・行政・地方自治体:無料
申込方法: 事前登録制
下記URLから事前に参加登録を行ってください。参加費のお支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS)でお願いいたします。
なお、参加申込後キャンセルした場合は、参加費の5%分を手数料としていただきます。
https://app.payvent.net/embedded_forms/show/634cecd20fc4842843ed5330

参加登録された方には自動返信メールにて登録の完了のお知らせと領収書が送付されます。
参加登録をされた方へのみ、本ワークショップのZOOMのURLは12月1日までに、当日資料については開催後日にILSI-Japan事務局からメールにて送付されます。

※参加登録後、12月1日までにURLが届かなかった場合はILSI-Japan事務局までご連絡ください。
  ILSI-Japan事務局 ilsijapan@ilsijapan.org

申込期間: 2022年11月30日(水)まで
 



 会議目的:

 遺伝子組換え微生物を用いた添加物・食品は、食品の国際的な流通網の整備にともない、国民の豊かな食生活に資するため、安全性を確保したうえでかつ迅速な審査が求められている。また近年、国内のバイオ企業のみならず海外企業からの安全性審査申請件数が急増している。
 高度に精製された食品添加物については、食品安全委員会において「遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物のうち、アミノ酸等の最終産物が高度に精製された非タンパク質性添加物の安全性評価の考え方(平成17年4月28日 食品安全委員会決定)」(「遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物の安全性評価基準(平成16年3月25日 食品安全委員会決定)」附則)、いわゆる「高度精製の附則」に基づいた食品健康影響評価が行われてきた。このたび、令和4年10月24日第228回食品安全委員会遺伝子組換え食品等専門調査会1にて、遺伝子組換え食品等の食品健康影響評価に関する評価指針についての検討開始が示され、その中で「高度精製の附則」についても議論されることになった。
 本ワークショップにおいては、遺伝子組換え微生物を製造に用いた食品・食品添加物の安全性評価制度全体を俯瞰しつつ、「高度精製の附則」制定17年目における当該審査の現状、業界からも実態や課題等を紹介することで、産官学の相互理解を深め、さらにより一層科学的かつ安全性が担保された迅速な審査に向けての議論を深めたい。


1https://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20221024id1




 プログラム (演題名、演者は変更になることがございます。ご了承下さい。)
14:00〜14:10 ご挨拶と本WSの意義について
ILSI Japan バイオテクノロジー研究会
加村 澄子
14:10〜14:30 遺伝子組換え食品・添加物に係る制度について
厚生労働省医薬・生活衛生局食品基準審査課新開発食品保健対策室
豊田 美紀 専門官
14:30〜14:50 高度精製添加物の安全性評価について(仮題)
内閣府食品安全委員会事務局評価第二課
松原 芳幸 課長補佐
<10分間 休憩>
15:00〜15:40 遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物・食品とレギュラトリーサイエンス
千葉大学大学院 園芸学研究院
児玉 浩明 教授
15:40〜16:10 高度精製食品・食品添加物 最近の審査の現状について(仮題)
明治大学
中島 春紫 教授
<10分間 休憩/ディスカッション準備>
16:20〜17:20 総合討論
高度精製品、食品添加物にかかる安全性審査等の現状と在り方について情報提供および意見交換
ILSI Japan・一部外部有識者
17:20〜17:30 ワークショップのまとめと閉会のご挨拶
ILSI Japan バイオテクノロジー研究会
加村 澄子


PageTOPへ