特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ
 
トピックス

「健康な食事研究会」


毒性学教育講座 下巻

プロバイオティクス、 プレバイオティクスと腸内菌叢

最新栄養学[第 10 版]
運動・栄養プログラム TAKE 10!
リンク
サイトマップ
email:
webmaster@ilsijapan.org

TEL:
03-5215-3535

FAX:
03-5215-3537

住所:
102-0083
東京都千代田区麹町
3−5−19
にしかわビル5階
ホーム 出版物 》出版物のご案内
出版物のご案内


国際シンポジウム 糖質と健康

 G. HARVEY ANDERSON・木村修一・足立 堯 監修
 ILSI Japan 糖類研究部会 編
(ILSI Japan 20周年記念国際シンポジウム講演録)


第1編 糖質と健康(Glycemic Carbohydrate and Health)

 序 章 糖質と健康――シンポジウムの背景と概要
 第1章 糖の甘さとおいしさの脳機構
 第2章 糖質(Glycemic Carbohydrate)と体重調節
 第3章 短期満腹感と摂食量に及ぼす糖質(Glycemic Carbohydrate)の影響
 第4章 高砂(ショ)糖食の体重,血中中性脂肪とストレス耐性に及ぼす影響
 第5章 糖質(Glycemic Carbohydrate)――国際的展望
 第6章 炭水化物と血糖ならびに代謝調節
 第7章 グリセミックロードと慢性疾患
 第8章 地方食のグリセミックインデックス――地中海食の場合
 第9章 炭水化物,記憶と気分
 第10章 高齢者における食事性炭水化物,グルコースの調節と認識力
 第11章 活動性ストレスパラダイムが惹起する病態の特徴とその発症における血漿グルコースの役割
 第12章 WHOの定めるBMI境界線は再検討が必要か――シンガポール在住アジア人のケース
 第13章 運動直後の高血糖反応性糖質とタンパク質の同時摂取による筋肉づくりの促進


第2編 「医学的・栄養学的な見地からの砂糖に関する調査研究」

 糖の腸管吸収に及ぼす神経因子の18F-FDG/PETによる解析
  ――甘味は腸管からの糖の吸収を促進するか
 砂糖溶液の甘味刺激が脳血液動態に及ぼす影響
  ――特に溶液中炭酸ガスの影響
 ショ糖の吸収を遅くするための技術
 免疫パラメータを低下させる拘束ストレスに対する砂糖の影響
 健常者における異なる糖質の血糖・インスリン・中性脂肪の反応
 砂糖摂取のタイミングと運動能力について


本体価格 3,500円+消費税

出版元(建帛社 TEL:03-3944-2611)に直接ご注文ください。
尚、 ILSI Japan会員は2割引になりますので、ご注文の際にその旨お伝えください。

 
 
 
 
 
PageTOPへ
ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved